Previous Image
Next Image

info heading

info content

Previous Image
Next Image

info heading

info content

ブログカテゴリー: バコロドから行ける日帰り旅行

バコロド(Bacolod)日帰り旅行Part9「サンタフェ・リゾート」

 

こんにちは、バコロド留学代理店ですsmiley

 

前回に続き、Bacolodから日帰りで行けるおすすめのスポットをご紹介します。

第9回目はこちら↓↓

「Sta.Fe Resort(サンタフェ・リゾート)」

  IMG_6639

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6631

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの施設には、プールやコテージ、レストランなどがあります。

行き方は、ダウンタウンからSta.Fe行きのジプニーに乗りましょう、ストレートで行けちゃいます。

こちらのプールの特徴は、水深2メートル程のエリアがあることです! 監視員はいますが、

あまり監視はしていないのでsurprise、みなさん深いエリアに行かれる際には細心の注意を払ってくださいね!

IMG_6634

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

して、こちらプール自体とっても大きいのです!私は、ここに行くときにはいつも浮き輪を持っていき、

のんびりしていますblush もし、浮き輪でのんびりしている日本人がいたら私かもしれませんcheeky

また、こちらバコロドのプールの良いところは、まったく混んでいないところです!

写真でもわかりますよね。。

日本の野外プールは、短い期間しかオープンしていないので、その時期とっても混みますよね。。

流れるプールに人がぎっしり、、なんて光景を良く目にしますindecision

でもこちらフィリピンは、基本的に年中オープンしていますのでいつでもプールに来られる

という感覚なのでしょうね。

また、こちらの施設にはレストランもありますし、野外コテージもありBBQもできちゃいますので、

ぜひ学校のお友達と行ってみてください!!

 

★ここでひとつ、バコロド留学についてのお役立ち情報です。★

こちらバコロドには、たくさんのプールがあります。また、みなさんご存知の通りフィリピンには

たくさんの島があり、きれいな海、ビーチがたくさんありますblush

学校でできた新しいお友達と土日や連休を利用して旅行に行かれるというのは、良く耳にします。

ですので、ぜひ海やプールがお好きな方は、水着をお持ちになってください!!

また、日差しが強いので、ラッシュガードのようなものもおすすめします

enlightenedそうそう、日焼け止めもお忘れなく! こちらにももちろん日焼け止めはありますが、

SPF100などどかかれていて、なかなか使うのにためらいますので。。

 

以上、サンタ・フェ リゾート情報でした!!

 

 

 

 

 

バコロド(Bacolod)日帰り旅行Part8「バンタグ・レイク&ランチ」

こんにちは、バコロド留学代理店ですsmiley

 

Bacolodから日帰りで行けるおすすめのスポットをご紹介します。

第8回目はこちら↓↓

「BANTUG LAKE RANCH(バンタグ・レイク&ランチ)」

IMG_7147 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、バコロド市内にある自然豊かな総合施設です。

広大な敷地内には、レストラン、牧場、湖、プールなどがあります。

行き方は、ダウンタウンからHomesite jeepneyに乗り、Alangilan jeepney terminalを目指します。

Terminal到着後は、Alangilan jeepneyに乗り換え、「Bantug Lake and Ranch」で降りたいと

ドライバーさんに伝えましょう。

到着後、入場料を支払い施設内へ。

私はランチタイムに到着したので、まずは友人と共にレストランへ。

そして、こちらにももちろんあります、フルーツシェイクlaugh

私は無難にパイナップルシェイクをオーダーしましたが、友人はコーンシェイクと

やらをオーダー。 飲んでみると。。。 うーん(゜_゜>) なーんでシェイクにしちゃったのかな~。。

でもでも、コーン好きの方はぜひトライしてみてください!!

その後、牧場の受付へ。スタッフの方に、2周で50ペソか15分100ペソかどっちがいい?と聞かれ、

私たちは気前よく15分100ペソ!と答え、お金を払いました。

IMG_7173

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7175

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、実際馬に乗ってみると最初の2周あたりは初乗馬ということもあり楽しいのですが、3週目あたりからだんだんきつくなり、

4週終わったあたりでギブアップしました。。 炎天下の乗馬はキツいッスcrying

この他にプールやレンタルボートもあり、空気のきれいな自然いっぱいの施設です。

ぜひ行ってみてくださいlaugh

 

詳しくは、こちら

以上、バンタグ・レイク&ランチ情報でした!!

 

 

 

 

 

バコロド(Bacolod)日帰り旅行紹介Part7「Nature’s Village Resort in タリサイ」

 

こんにちは!!

今回ご紹介するおすすめスポットはこちらです↓↓

「Nature's Village Resort(ネイチャーズ・ビレッジ・リゾート)」

IMG_6220

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、バコロドの隣、タリサイ市にあります。
アヤラモールのすぐ近くにあり、バコロドからは、バスまたはジプニーですぐに行けちゃいますwink

 

こちらは、ホテル内の様子です↓↓

IMG_6221

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リゾート内には、ホテル、コテージの他、プールなどもあり、日帰りでも泊りでも楽しめる施設となっています。

IMG_6216

IMG_6215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにこちらバコロドにいる留学生のみなさまは、年末年始のお出かけ先候補に入れてみてはいかがでしょうかyes

これからバコロドにいらっしゃる留学生の方は、フィリピンの連休や土日で行かれてみてはいかがでしょうかwink

 

詳しくはこちら

以上、ネイチャーズ・ビレッジ・リゾート情報でした!!

 

 

バコロド(Bacolod) 日帰り旅行 Part6 「ヴィラ・イスカ ビーチ・リゾート」

こんにちは!!

Bacolodから日帰りで行けるおすすめスポットをご紹介します。

第六回目はこちら↓↓

「Villa Iska Beach Resort(ヴィラ・イスカ ビーチ・リゾート)」

IMG_5923

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、リゾート施設内にコテージ、宿泊部屋、プールなどが併設されています。

IMG_5922

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5912

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5921

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末になると家族連れやグループで賑わいますsmiley

PUNTATAYTAY(プンタ・タイタイ)地区にあり、ダウンタウンからジプニー一本で行けちゃいます!

このプンタ・タイタイ行きのジプニーは二種類あり、途中で行き先が分かれますので、

ジプニーに乗る際に海岸方面に行くかどうか聞いてみてくださいね。

また、ダウンタウンから少し距離がありますので、いつもより少し高めの料金です。

こちらもドライバーさんに尋ねてみてくださいyes

入場料は、平日100ペソ(約270円)/1人、休日120ペソ(約320円)/1人です。

施設内では、コテージを500ペソ(約1,350円)/グループでレンタルするか、宿泊のための部屋を借りてくださいwink

ここヴィラ・イスカで料理を注文することも出来ますし、持ち込みもOKです!

もちろん冷たいビール、ジュースもありますよyes

フィリピン人はカラオケ好きな人が多いので、バーにはカラオケもあります!

こちらは、夕方の風景です。↓↓

IMG_5932 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プールの向こうには海が広がり夕方になると素敵な景色が見られますblush

IMG_5934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方のコテージも雰囲気があっていいですね。。。

お友達とわいわい出かけてみてはいかがですか?

週末は特に混み合いますので、予約をされてから行かれた方が良いかもしれませんwink

詳しくはこちら

以上、ヴィラ・イスカ ビーチ・リゾート情報でした。

 

 

 

Bacolod 日帰り旅行 Part5「マングローブ植樹ボランティア inシライ」

こんにちは!!

何週かに渡りBacolodから日帰りで行けるおすすめスポットをご紹介しております。

今回はこちら↓↓

「マングローブ植樹ボランティア inシライ」

こちらは観光スポットではありませんが、日本環境NGO『イカウ・アコ』さんが行っている事業で、まだ小さな木を

海の近くに植樹していくというものです。

シライ市はバコロドの隣の隣の市になりますので、車で約30分です。

また、体験は予約制でもありますので現地にて予約が必要となり、費用は、

施設料として20ペソ(約56円)、また1苗につき5ペソ(約14円)です。

マングローブ林とその湿地には、多数の微生物、貝類、魚類、両生類、鳥類の住処となっているそうです。

また、マングローブはその近くの住人の民家を高波や強風、海岸浸食から守る役割もあるそうです。

   IMG_1850

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土日になるとたくさんの学校の生徒さんがボランティアとして植樹に訪れます。

そして、いざ奥地へ!入口から植樹の場所までは木で作られた橋を渡っていきます。

IMG_1846

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気が良ければ水の引いた海の向こうまで見渡すことができ、空気もきれいなので気持ちいいですよlaugh

IMG_1853

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、みんなで力を合わせて植えていきます!!

こちらには、日本人のスタッフの方もいらっしゃいますので、日本語で説明を聞くことが出来ます。

IMG_1847

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、一度マングローブ植樹ボランティアに参加されてみてはいかがですかwink

Bacolod 日帰り旅行紹介 Part4「カービンリーフ」

こんにちは!!

先日よりBacolodから日帰りで行けるオススメスポットをご紹介しております。

第四回目はこちら↓↓

「Carbin Reef(カービン・リーフ)」

留学生のみなさんの間でもとても人気のある小さな小さな島ですwink

IMG_1995

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見渡す限りのホワイトサンドとエメラルドグリーンの海!!

行き方は、ジプニー → バス(バスターミナルより2時間くらい) → トライシクル → 小型ボート

しかし、この日私たちは知り合いのフィリピン人にお願いして車とドライバーさんを手配してもらいました。

(ですので、すみません。。。今回は2時間バスには揺られていないのです。。。)

この島は、一日数組しか入れない島(小さすぎて)なので、予約が必要と聞いていました。

なので、事前にフィリピン人に予約をしておいてもらい、船に乗る前に予約の確認と島への入場料、

船代を支払い、いざ島へ(小さな船で)!!

そして、見えてきたのがこの景色!!

IMG_1993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、島へ着いて、なるほど。。。 

確かに一日数組しか渡れないのがわかります。本当に小さな島なのです。

IMG_2026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな魚も確認できますよblush

IMG_2009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにきれいな島がバコロドから数時間のところにあるなんて、驚きでしたcool

みなさんもこのエメラルドグリーンの海に癒されに行きませか??

以上、カービンリーフ情報でした!!

 

 

 

Bacolod 日帰旅行情報 Part3「カンパストゥーハン・ハイランド・リゾート」

こんにちは!!

先日より引き続きバコロドから日帰りで行けるおすすめスポットをご紹介していきます。

第三回目はこちら↓↓

「Campuestohan HIGHLAND Resort(カンパストゥーハン・ハイランド・リゾート)」

campuestohan entrance

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはアスレチック、プール、広場、コテージ、レストランなどが敷地内にあり

ファミリーもたくさん来ていますsmiley

ここまでジプニーは来ていないと思いますので、週末はバコロドから出ているShuttle Srvice 100ペソ/一人

を利用されても良いかもしれませんね。

unnamed

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

campuestohan pool north view

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのアスレチックには空中を散歩するたくさんの乗り物があります!

(フィリピンの人たちは空中散歩が好きなのでしょうか?!)

Zip Line(空中に張られたロープを高いところから低いところへ一気に下るのでスピード感満載です!!おススメwink) 

Sky Bike(空中に張られたロープの上をサイクリングで向こう側まで渡ります、自分のペースで自転車を

      漕ぐことができますので、きれいな景色を一望してみてください!)

Rope Corse(ロープの橋やタイヤの橋いろいろなアトラクションが待っています、

       あなたはすべてクリアできるでしょうか?!) 

Hanging Bridge(空中に張られた吊り橋を向こう側まで渡ることが出来ます、こちらもゆっくり景色を

         眺めることができるのでおススメです!)

IMG_1881

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、なんとこのキングコングの中は宿泊施設になっているんです!!

この他にも宿泊施設がたくさんありますので、お友達と泊りで来ても楽しいかもしれませんねwink

詳しくはこちら

以上、カンパストゥーハン情報でした!!

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

Bacolod 日帰り旅行紹介 Part2「ラカワン島」

こんにちは!! 先日よりバコロドから日帰りで行けるおすすめのスポットをご紹介しております。

 

第二回目はこちら↓↓

「ラカワン島」

こちらは小さな島です。

行き方は、ジプニー → バス(バスターミナルより45分くらい) → トライシクル

ラカワン島に渡るには船に乗りますが、船というより小型ボートという感じなので、

小さなボートが初めてという方は、波を体で感じることが出来て少しスリルを味わえるかもしれませんよwink

私が行った日は残念ながら少し天気が悪かったようです。。。

IMG_1786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1817

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来は下の写真の様にもっと青くて綺麗な海なんです。

p1020613

 

 

 

 

 

 

 

 

lakawon-island-resort-beach-part

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな売店もありますので、ランチをしたり飲み物を買うこともできます!

IMG_1788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間とビーチバレーをしたりボーっとしたり。。。

この島にいると穏やかな時間が流れていきます。

そして、この島には島民がいます。

IMG_1797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のように島民と話をする機会もあるかもしれませんねlaugh

IMG_1813

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは、バスの待ち時間を利用してバスターミナルの隣にあるバスケットコートで

地元の若者とバスケをしましたyes

素敵な時間の流れる島にお友達と行かれてみてはいかがでしょうsmiley

以上、ラカワン島情報でした!!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

Bacolod 日帰り旅行紹介 Part1「マンブカル・リゾート」

こんにちは!!

本日より何回かに分けてバコロドから日帰りで行けるおすすめすのスポットをご紹介していきたいと思いますwink

みなさん、平日毎日勉強をがんばった自分へのご褒美にぜひ行かれてみてはいかがでしょうかlaugh

第一回目はこちら↓↓

 「MAMBUKAL RESORT(マンブカル リゾート)」

IMG_1711

 

 

 

 

 

 

 

こちらはその名の通り敷地内がリゾートになっています。

行き方は、ジプニー → バス(バスターミナルより45分くらい)

バスは途中いろいろな町に立ち寄りながら最終目的地のマンブカルに到着します。

その町々では窓の外からいろいろな物を販売してきます。私が訪れた時はとても暑い時期だったので、水風船に入ったアイスクリームを買い食べてみました...  これが懐かしい味がしてなかなか美味しかったのです!!

 

そして、この広大な敷地内にどのような施設があるのかといいますと...

IMG_1717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○コテージ(フィリピン人がハネムーンで訪れることもあります。)

IMG_1736

 

 

 

 

 

 

 

 

○温泉(天然温泉です。)

IMG_1720

 

 

 

 

 

 

○アスレチック(子どもたちがたくさん遊んでいます。)

○山

IMG_1722

 

 

 

 

 

 

 

 

○滝(7つ?の滝を制覇するためにはなかなかのきついコースが待っていますが、登り切った後の爽快感は最高です!)

 

敷地内に入るには入場料が必要ですが、学生証を見せると学生料金で入ることができます。

私のおすすめコースは、リゾート内探索 → 滝めぐりツアー(現地のガイドさんを付けるとひとつひとつ丁寧に案内してくれますが、ガイド代が必要です。)(いくつかの滝では飛び込みもできます。) → 温泉へGO(水着着用スタイルですblush

※滝、温泉へ行かれる方は、水着とタオル持参をおすすめします。

 

その後は、敷地内を流れる小川を見渡せるレストランにてフィリピン料理を堪能されてはいかがでしょうか。

以上、マンブカル情報でした!!

さて次回は、どこをご紹介しましょうか...cheeky

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村


メニュー