Previous Image
Next Image

info heading

info content

Previous Image
Next Image

info heading

info content

1月 2018

フィリピンでホームステイをしてみた ~年越しお正月~

こんにちは!バコロド留学代理店です。

遅ればせながら・・
2018年 明けましておめでとうございます!

本年もバコロド留学代理店を宜しくお願い申し上げます。

ご挨拶が遅れてしまいましたが、皆様お正月はいかがでしたでしょうか?
私はフィリピンの友人の実家で年越しをしました。
初めてのフィリピンでのホームステイ。しかも年越しに!!
友人には本当に感謝しかありません。

今回は、私が過ごしたフィリピンの大晦日
フィリピンの一般家庭ではどのように年越し・お正月を過ごすのかを
お伝えしたいと思います。

 

 

2017年12月31日(日)
<大晦日-教会編>

友人が待ち合わせを指定してきた場所は、まさかの教会
今年の大晦日は日曜日という事で、朝からミサが行われるとの事。
フィリピン人の90%以上がキリスト教を信仰している為、大晦日にも関わらず
150人程が教会に来ていました。

しかし、ここのミサが他と違って面白い!!
シアターの中に通されると、賛美歌の代わりに、
バンドマン達がドラムやギターを演奏して
『Jesus』の歌
歌っているではないですか!!

しかも「イェェェェーイ Jesus!!みたいなパンク系。
ちょっとしたライブみたいになっている事に驚き・・

 

そして神父さんからのお説教は、まさかのプロジェクターを通して!!
これが2018年最新型のお説教なのか!?!?
宗派によってやり方は違うと思いますが、想像していた教会とは違い、
若者にも受け入れやすく、カッコいいやり方だなと感じました。
今日のお説教は『2018年を迎えるにあたって』

 

お説教が終わると皆でお食事タイム
麺類やパン、コーヒー、お菓子が食べ放題!!なんて良心的な教会。笑
ミサが終わると、皆でご飯を食べながらお喋りをし、交流をする・・
友人曰く、この時間が一番楽しくて、落ち着く時間だそう。
気が付いたら、4時間もお喋りをしていました。笑

 

 

 

<大晦日-移動編>

友人の実家はPontevedra(ポンテべドラ)』という場所にあります。
バコロドSouth Terminalからバスに乗り、1時間程で到着。
この距離で料金は53ペソ(約120円)


帰省する人が多いのか、バスは満員で座れない人もいる程・・

 

Pontevedraに着くと、町でイベントが開かれていました。
その名も『Super Mom』
普段主婦をしているお母様達が、ダンスや歌を披露してくれます。
日本で大晦日に町内会のイベントを開催したらブーイングがきそうですが・・笑
フィリピンでは家族、近所との繋がりが強く、
他の町でもこのようなイベントが開かれている光景を見る事ができます。

 

 

 

<大晦日-アクティビティ編>

『Super Mom』が終わると近所の子供達が家に集まり、
様々なアクティビティが繰り広げられました!

 

1.カラマンシーゲーム
口にスプーンをくわえて、手を使わず後ろの人に
カラマンシーを渡していくゲームです。

カラマンシーは”すだち”みたいな大きさで、味も似ています。
チームに分かれて、早く後ろに渡したチームが勝ちとなります。

 

2.Hip hip hoorayゲーム
5,6人で一列に並び、最初に指された人が膝を叩きながら『Hip hip』と言い、
次に指された人が万歳しながら『hooray
』と言います。
これを繰り返し、どんどんスピードを早くしていきます。
こんがらがったり、上手く言えなかった人が負けとなります。

 

3.卓球ゲーム
テーブルの四角に人配置させ、手など使わず、息だけでピンポン玉を操ります。
自分以外の場所に落とせたら勝ちとなります。

 

4.卵キャッチゲーム
2人1組でペアになり、生卵を投げて落とさずにキャッチできたら勝ち。
これが意外と難しい・・

 

5.洗濯ばさみゲーム
上に吊るされている紐に、口だけを使って洗濯ばさみを挟んでいきます。
洗濯ばさみが跳ね返って顔に当たっていたのがめちゃくちゃ痛そうでした・・

 

6.パン食い競争
その名の通り、パンを早く食べたもの勝ちです。
足でパンの高さを調節し、自分の口の高さに持ってくるのがまた難しい!

 

7.ビン挿しゲーム
イス取りゲームのビンver.と考えて頂ければ、わかりやすいと思います。
音が消えると同時に、ビンに棒を挿します。
ビンに棒を入れれなかったり、他の人とビンがかぶると負け。

 

8.Baby Shark ダンス
これが今、フィリピンの子供たちの中で流行っている歌らしい・・
調べてみると日本語バージョンもあるそうなので、日本の子供にも人気なのかな?
これは勝ち負けなく、踊った者勝ち!

 

 

日本でいう地蔵盆みたいな感じで、
いまある物だけを使ってアクティビティをする・・

懐かしく、そして微笑ましい風景が繰り広げられていました。
勝者には賞金が貰えるので、大人な私も子供にまじって参加していたのは内緒。笑
勝ち取った賞金→26ペソ(約60円) わーい\(^^)/

 

 

 

<年越し -爆音編>

テレビからカウントダウンを告げる画面が流れていました。
でもスマホの時刻とテレビの時刻がズレていて・・
正直いつ0時になったのかわからないまま年が過ぎました。笑

0時になると爆音を出すのがフィリピン流の年越し。
近所からは爆竹、車のクラクションの音で溢れ返っていました。

お母さんは貯金箱を振って音を出しよく見たら子供耳ふさいでるし!笑

 

子供はブブゼラで年越し

 

私は線香花火でお祝い・・をしていたら
線香花火にも関わらず花火が爆発
幸い怪我はないものの、フィリピンの花火は一生しないと心に決めた瞬間でした。
皆様もフィリピンの花火にはくれぐれもお気を付け下さい・・

 

 

 

<年越し -食事編>

騒音を作り出すのにひと段落すると、食事の時間が始まります。

・マカロニサラダ
・春巻き
・カップケーキ
・ぶどう

マシュマロの串刺しに、所々タコさんウインナーが挟まってるやつ
なんでタコさんウインナー挟んだんや!っていうツッコミは置いといて・・

 

この他、フィリピンのお正月にはレチョン(子豚の丸焼き)を食べるそうです。

 


友達のご家族は、お父さんが船乗りなので
残念ながらお正月を家族全員で迎える事はできませんでした。
その代わり、ビデオ通話を使って家族写真撮影!
フィリピンでは海外に出稼ぎに行く家族も珍しくないので、
このような風景は珍しくないそう。
フィリピンの賑やかで、騒がしい年越しは夜中の3時、4時まで繰り広げられます。

 

 

 

2018年1月1日(月)
<お正月 -海編>

フィリピンのお正月は、家族で海に行くのが定番だそう。
朝起きると雨。なのに海に行くって!!
しかも今日寒いし!(寒いって言っても気温20度くらいですが・・笑)
子供達に「雨だよ?寒いよ?」って言っても、行く!の一点張り。笑

海に着くと子供達は大はしゃぎ!!
身体中どろどろになりながら遊んでました。笑

 

手作りの料理と

 

牡蠣!!
日本では高級食材の牡蠣でも、フィリピンでは格安に手に入れる事ができます。
自分達で貝を割って食べるのがフィリピン流!
日本の牡蠣と比べると小ぶりな印象を受けますが、
磯の香りがして美味しくいただきました!

 

最後に皆で記念写真^^

 

 

 

<お正月 -カラオケ編>

家に帰ってひと段落すると、カラオケ大会が始まります。
フィリピン人は本当にカラオケが大好き!!

ギター片手にメロディーにあわせて皆が歌う・・
歌が上手、下手なんて関係ない!
家族で大合唱し笑い合っている光景は、本当に微笑ましい光景でした。

 

————————————————————————————-

<フィリピンでのお正月>
とにかく日本との違いに驚き、そして新しい発見と経験をすることができました。
フィリピン人はとても温かく、たった1日しか一緒に過ごしていないにも関わらず
家族のように接してくれた友達家族には感謝しかありません。
機会があれば、皆様もフィリピンでのホームステイを経験してみて下さい!
そこにはきっと驚きと、人の温かさが待っていることでしょう・・


2018年が皆様にとって幸せ溢れる1年になりますように!

 

 

どうぞクリックどうぞsmiley

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村

 


メニュー