Previous Image
Next Image

info heading

info content

Previous Image
Next Image

info heading

info content

野生の臭いが感じられる マニラ動物園 (マニラ旅行編)

こんにちは!バコロド留学代理店です。

 

 

 

前々回のBlog続きで【マニラ旅行編 Part.2】です。
ミュージカル『ライオンキング』を観に行く為に、
わざわざ飛行機に乗ってマニラに降り立った私。

1泊2日の予定だったので、色々観光しようと思ったけど、
フィリピンの洗礼に合い(笑) 中々計画通りにいかず、
辿り着いた先は『マニラ動物園!!』

本当は貨幣博物館に行きたかった・・という気持ちは一旦置いといて
↑博物館は、タクシーの運転手さんも知らないほどマイナーな所らしい。笑
気を取り直して、久しぶりに動物達と触れ合ってきた感想をご紹介します!!

 

 

<マニラ旅Blogはこちら>
どうぞクリックどうぞsmiley

ミュージカル『ライオンキング』がマニラにやってきた!(マニラ旅行編)

マニラでつけ麺を食べるならココ!三ツ矢堂製麺 (マニラ旅行編)

 

 

 

 

————————————————————————————————————–

 

 

 

 

■場所

電車で行く場合は『Quirino Station』が最寄り駅となります。
『Quirino Station』からは歩いて10分との事ですが、
土地勘がない為、SMモール・オブ・アジアよりタクシーで行く事にしました。
渋滞がなければ、約20分程度で到着します。
住所: Adriatico St, Malate, Manila, 1004 Metro Manila

 

 

 

 

■入園料

大まかには
マニラ市民
マニラ市民 以外
で料金が分けられます。
また、子供料金はあるものの、日本みたいに年齢別ではなく、
身長によって料金が異なるのも面白いところ!
※身長約120センチ以下の場合は子供料金が適用されます。

 

 

 

 

■エントランス

ここらへんから既に野生の臭いがプンプン漂っています。
臭いとの相乗効果により、
ジュラシックパークみたいに見えてきた!!
↑あれ、そう思うの私だけ?笑

 

 

入園料を払い、エントランスのおばちゃんに券を渡すと
チケットを半分程ちぎられました。
これが「入園したよ」っていう証。
すべてはアナログ式で成り立っています。笑

 

 

 

 

■動物達とご対面

・中に入ると、5m先にはゾウがいました。
エントランスとの近さにびっくり!!
名前は「Maali」
2014年に生まれたそうです。
そして今は、40歳!?
ゾウの1年は人間の10歳なのでしょうか?
ご存知の方、ご教示下さい。笑
Maaliは人間に興味津々で、
結構近付いてきてくれる人懐っこい印象を受けました。


 

 

 

・コウノトリの仲間
オリの下はフンだらけ。
フンの写真は割愛させて頂きますのであしからず。笑

 

 

 

ヒクイドリがネコと共存
なーぜー!?

 

 

カラバオ(牛)と馬が共存
夏バテ気味なのか、
カラバオ、馬共ににまーったく動きませんでした・・

 

 

・茶色のシマウマ (多分)
日焼けした?

 

 

・トラ
トラとの距離 約1m。
この写真、ズームとか何もしてないですからね!!
きっと日本の動物園なら、何重にも重なったオリで飼育されているはず・・

 

 

・トラ
夏バテ気味のトラ。

先程よりトラとの距離は遠いものの
子供たちが「にゃー!!!」って言って刺激していました。
いやいや、ネコじゃないでしょ!!!笑

 

 

・サル
トラよりサルとの方が、オリとの距離が保たれている様子。
うーん、なんか距離感間違ってない?笑

 

 

・キリン
おっ、キリンいるじゃん!!って思ったら、
プラスチックのニセモノ。

 

 

・ワニ
おっ、ワニいるじゃん!!って思ったら、
プラスチックのニセモノ。

 

 

 

 

■施設

動物のエサを作っている場所です。
大量のバナナや野菜が確認できました。
こうやってエサ作りを見れるのは良いですね!!

 

 

 

 

・公園
子供も楽しめるように、動物園の中には滑り台やブランコ等が置かれています。
お弁当を食べている家族もちらほら見られました。
ミニオンズは多分許可取ってないやつ。笑

 

 

 

 

・露天
スナックや、子供のおもちゃが売られています。

 

 

 

・動物達と写真撮影 (Part.1)
ヘビ2匹と写真撮影ができます。
悲鳴を上げてた人もいましたが、結構ノリノリ!?笑

 

 

 

・動物達と写真撮影 (Part.2)
オウムやワニを持って写真撮影!
子供の顔が引きつってるよ・・笑


 

 

 

 

 

 

 

■番外編

エントランスの前には露天があり、綿菓子やとうもろこしが売られています。
そして道路には、まさかの『
動物園の外にも関わらず!!笑
ちなみにこの乗り物は『カレッサ』と呼ばれており、
馬車みたいに乗って観光地を周る事ができます。

思い出作りには良いですが観光客相手にしている為、
ぼったくりが多発していることが問題視されています。
カレッサ乗る場合は、十分注意を払って乗る事をお勧めします。

 

 

 

 

 

————————————————————————————————————–

 

 

鳥とネコが同じオリで共存していたり、
飼育されていない動物がなぜかプラスチックで存在していたり・・
ツッコミ所が満載な動物園ですが、
過度な期待をせずに行くことで、適度に楽しめる動物園だと感じました。

また、鳥とネコ、カラバオと馬が同じオリで共存している事に関して
フィリピン人の意見を求めると、

『確かに動物達はかわいそうだけど、
ちゃんと成り立って共存してるんだったら良いよね!

多分、別々で飼育する場所がないか、オリを買うお金が無いんでしょ!
それだったら、仕方ないよねー!!』

との意見でした。
うーん、良いのか悪いのか・・
ただ、娯楽施設が少ないフィリピンでは
市民にとって貴重な場所であるような気もします。

 

もしマニラ動物園に行く機会があれば、是非皆さんの意見をお聞かせ下さい!

 

 

どうぞクリックどうぞsmiley

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


メニュー