Previous Image
Next Image

info heading

info content

Previous Image
Next Image

info heading

info content

ミュージカル『ライオンキング』がマニラにやってきた!(マニラ旅行編)

こんにちは!バコロド留学代理店です。

 

ななな・・・なんと!!!
あの有名なミュージカル『ライオンキング』が
フィリピン・マニラで公演していたそうじゃないですか!!!

 

調べてみるとワールドツアーをするそうで、その初演がマニラ!!
やってくれるやんフィリピン!!←上から目線。笑
残念ながら日本はツアーに組まれていませんが (劇団四季があるからね・・)
フィリピンの後は、シンガポール、韓国、台湾、南アフリカを回るそう。

 

そもそも、きっかけはふと目に入ったFace bookの広告。
フィリピンではSNSが盛んに行われている事もあり、
私の情報源はSNSで全てまかなわれています。笑

大学の時に劇団四季のライオンキングを観に行ってからというものの、
いつかブロードウェイの『ライオンキング』を観に行くのが夢だった私。

 

昨年の10月からチケットが販売されていたそうですが、
フィリピンに『ライオンキング』が来ると知ったのは今年5月。(←遅すぎ。笑)
公演期間は2018年3月18日から5月6日まで。
いやいやもう明日明後日には閉演かよ!!ってテンション下がっていたら、
まさかの当初予定していた公演期間を延長して
5月27日まで行う事が決定したそう!!

こんな偶然ある?もしかして私の為に延長してくれた?(←ありえない。笑)
という事で、休みを利用してマニラまで行ってきました!!

 

 

 

 

————————————————————————————————————–

 

 

 

 

■公演チケットをGet

サイトを見ると、1週間後の公演チケットでも余裕でGetできる状態。
比較的空きが感じられます。
※5月21日現在で、24日から27日の分を調べました。

 

 

それもそのはず。
お値段がね・・おたかいんです。

【値段表】
・V.I.P 席  7,250ペソ (約15,000円)
・A席  5,850ペソ (約12,000円)
・B席  4,700ペソ (約9,800円)
・C席  3,600ペソ (約7,500円)
・D席  2,250ペソ (約4,700円)
※上記の値段は金・土・日のものとなり、平日は少し安くなります。

 

 

フィリピン人の月収平均(バコロド地域)が
10,000ペソ前後(約25,000円)と考えたら、

なかなかの高給取りしか観に行けないレベル。
もう少し安くなったら、もっと沢山のお客さんが観に行く事ができると思いますが、

やっぱりワールドツアーという事もあって
なかなか簡単に値段を下げれない事情があるんでしょう。

ほんで劇団四季で観るより断然高いし・・
でも、せっかくバコロドから飛行機を使って観に行くなら、
良い席で観たいですよね・・ね!!!笑

という事で、今回は奮発してV.I.P 席をGetしちゃいました!!!

 

 

 

————————————————————————————————————–

 

 

 

 

■場所

今回ライオンキングが開催された場所は
Solaire Resort & Casino Hotel
フィリピンで最大級のショッピングモール

SMモール・オブ・アジアの近く (Pasay エリア)にあります。

 

 

どうでしょう、このギラギラ感。
ライトアップが半端ない!!
迷子になってもすぐわかりそうですね・・笑

 

 

このホテルは、なんと5つ星を獲得しているそう。
日本でいうところの
リッツ・カールトン的なホテルと想像して頂ければと思います。

 

 

 

 

■ホテルに潜入

ドアマンがタクシーのドアを開けてくれます。
また、セキュリティチェックもあるので
安心してライオンキングを堪能できます!

 

 

ホテルの中にはギラギラ光り輝く
シャンデリアがありました。

 

 

カジノやブランドショップが立ち並び・・

 

 

スカイタワー
でも、ホテルに泊まる人しか入れないそう。
この先にはどんな景色が待っているんだろうなー

 

 

“ふかふかのじゅうたん”が敷かれたこの奥に
ライオンキングの会場があります。

 

 

グッズ売り場
ここでパンフレットやライオンキングTシャツを買うことができます!!

 

 

チケットを引き換えて

 

 

入り口の前には本日のキャスト配役が張り出されています。
なんと“Young Simba” と “Young Nala”はフィリピン人の子役だそう!!
その他にも、合計18人のフィリピン人が
このライオンキングに関わっているとの事です。

 

 

入り口を入ると、写真撮影スポットがありました。
さすが高価な公演なだけあって、身なりがきちんとしている人ばかり。

ユニクロコーデで行ってしまった私。反省。

 

 

BARも完備されているので、開演までここで飲むこともできます。

 

 

 

 

————————————————————————————————————–

 

 

 

 

■感想

感想は・・本場のライオンキングの演技に圧倒しっぱなし。
そしてキャストの声の響き渡り具合が半端ない!!
前から5列目の超優良席をGetしたからというのもあるかもしれませんが、
鼓膜が震えました。笑

 

 

劇中にはアドリブで「Salamat (タガログ語で”ありがとう”の意味)」
と言ってフィリピン人の心を掴んだり、

劇団四季と同じように、劇中では動物が会場内を走り回って、
子供達には少しサービスして「ガオー!」とか言っていたのが印象的でした。
後ろの席の子供達は、何回もこれで大爆笑してました。笑

 

ただ全ては英語で行われるので、
字幕なしで映画を観れる程の英語力がないと
全てを楽しむことは難しいかもしれません。
「今何て言った?巻き戻ししよ!!」なんて出来ないですからね・・

 

もちろん演技のみで理解するのも不可能ではないですが、 
“劇” ライオンキングの面白さって、
ティモンとプンバァがボケたりツッこんだりする部分や、

キャストがその時その時で思いついたアドリブ、
そして細かなセリフ回しを楽しむというのも1つの面白さだと思うんです。

だからいくら映画を観て予習しても、
英語の理解力がある程度なければ100%楽しめたとは言えないのかもしれません。
それにしてもフィリピンの子供は
幼稚園くらいでもセリフをばっちり聞き取って楽しんじゃってるから
凄いとしか言いようがない・・

 

しかし、それ以外の演技の臨場感など
“劇” でしか味わう事が出来ない部分は本当に素晴らしく、

それを感じるだけでも価値のある物だと思います。

 

特にオススメなのは音響。
前の方の席の場合は、音響監督の指揮を間近で見ることができます。
劇団四季のライオンキングでは既に廃止された「生演奏」
でも、今回の公演では左右にはパーカッション
舞台の下では、その他の楽器が生で演奏されていて、
音出しのタイミングや生演奏で感じる “音楽”
が本当に絶妙でした。
というよりも、絶妙すぎて途中まで生演奏って気付きませんでした。笑

 

 

 

————————————————————————————————————–

 

 

 

既にマニラでの公演は終了していますが、
シンガポール、韓国、台湾、南アフリカでも公演予定なので、
留学で英語を勉強し、本場のライオンキングを観に行くという目標を
立てるのもアリかもしれませんね!
また“Solaire Resort & Casino Hotel”では
今年の9月に『MAMMA MIA!』を公演するそうです。
「バコロドで留学」からの「演劇鑑賞(笑)」を是非お待ちしております!!

 

 

 

 

 

どうぞクリックどうぞsmiley

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


メニュー