Previous Image
Next Image

info heading

info content

Previous Image
Next Image

info heading

info content

バコロド英語学校・『BESC・Sparta 日本人学生インタビュー』

こんにちは、『バコロド留学代理店』です。

 

今回は、弊社代理店でも紹介させていただいております、バコロドにある英語学校の一つ

BESC(Sparta)にて勉強中の日本人学生「Sさん(女性)」に留学生活についてインタビューを

させていただきました。

Sさんは、現在BESCでは唯一の日本人学生として留学生活を送られていますsmiley

IMG_5700

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q「Spartaの雰囲気はどうですか?」

A「今、韓国人と台湾人の学生が半々と私一人日本人がいますが、どこの国というのは関係なくみんなで仲が良く、

毎日いつでも英語でのコミュニケーションなので、たまに自分が日本人だということも忘れるくらいです(笑)」

 

Q「BESCの授業はどうですか?」

A「私は毎日マンツーマンのレッスンを4コマ、グループレッスンを4コマ取っていますが、フィリピンの先生の英語はとてもクリアでスピードもゆっくりなので聞き取りやすいです。またグループクラスでも先生が生徒のモチベーションを上げるのがとても上手なので、みんなで楽しく授業しています。」

 

Q「学校または寮の食事、生活はどうですか?」

A「韓国人経営の学校ということもあり、韓国料理中心の食事なので辛い料理が多いです。休みの日に友達と外へ食事に出かける時には、自然と辛くない料理を選んでいます。寮と学校のFi-wiの電波が悪いことが多いので、そこは改善してもらいたいです。」

 

Q「今回の留学にはなぜバコロド、BESCを選んだのですか?」

A「地元の友達がここバコロドに以前留学に来ていて、良い街だったというのを聞いてバコロドを選び、その中でも日本人が少ないことと社会人学生が多いことが決め手となりSpartaを選びました。」

 

Q「留学前には英語を勉強されていましたか?」

A「大学時代まで授業として勉強していたくらいです。」

 

Q「学校が休みの土日には何をして過ごしていますか?」

A「休みの日には友達とダウンタウンにご飯を食べに出かけたりもします。二泊三日でバンタイアンというこの島の北の方にある小さな島にSpartaの学生たちと旅行にも行きました。」

 

Q「バコロドの良いところはどんなところですか?」

A「ここは交通手段がとても安いところが魅力です。例えば、ジプニーは7ペソ(約20円)、タクシーは初乗り40ペソ(約112円)です。休みの日はいろいろなところへ出かけられます。」

 

Q「バコロドに留学に来られる方に何か生活に関するアドバイスはありますか。」

A「バコロドは他の地域と比べても治安の良いシティなので、すごく過ごしやすいと思います。もし、日本から何か持ってくるとしたら、汗拭きシート持ってくることをおすすめします。出かける時使えるということの他に、何よりもほかの国の人にすごく驚かれます。フィリピンの子どもたちと一緒にスポーツをした後、これをあげると面白いほどの反応をしてくれます。」

 

Q「今のお仕事にバコロドで勉強した英語を活用していくのでしょうか。」

A「英語の勉強は、仕事に活かすためだけのものではありません。私自身が、英語でいろいろな情報を得るのが好きなので、そこで得た情報を仕事でも活かせれば良いなと思っています。」

 

Sさんは、Spartaで三ヶ月間、一日8コマの授業、放課後も英語付け毎日で、しっかり英語を身につけているということです。

もうすぐ帰国とのことですが、その前にフィリピンを旅行してから帰られるとのことですlaugh留学の後、そういった楽しみ方もありますよね。

そして、このBESCの魅力は、何といっても日本人学生の少なさです。英語の勉強を始めて間もない生徒さんには日本人がいないことが少し不安に感じられるかもしれませんが。。。そこは、お任せください!!なんとこの学校、弊社『バコロド留学代理店』の事務所と同じビル、しかもとなりの部屋ですwink 弊社スタッフ一同、全力でサポートさせていただきます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


メニュー