6月 2015

日本からバコロドへの行き方。

 

こんにちは、バコロド留学代理店です。
 

本日は、日本からバコロドへの便についてお伝えしたいと思います。

残念ながら、日本からバコロドへは直行便がありません。
マニラにて乗り換えをする必要があります。
バコロドは地方都市のため2015年6月時点では国際空港ではありません。
過去に韓国行きや日本行きの直行便が噂され、国際空港になるかもということはございましたが、
今後に期待ですfrown

日本からのルートが色々ございますが最短でバコロドへ到着する方法としまして、留学生の方々がこられるもっとも多いパターン下記の航空会社およびルートを利用して来られる方がほとんどです。 


フィリピン航空
羽田/成田→マニラ
マニラ→バコロド

 

セブ・パシフィック航空
成田→マニラ
マニラ→バコロド

 

ANA
成田→マニラ
マニラ→バコロド(セブパシフィック)

 

国際線はJAL、国内線はセブパシフィックまたはフィリピン航空という便もございますがターミナル移動が必要です。
その他、デルタ航空なども日本からマニラへの直行便は飛んでおりますが、マニラ泊が必要です。
はじめてフィリピンに来られる方へマニラでの1泊はあまりおすすめいたしません。

料金はセブパシフィックのほうがLCCということで頻繁におこなっているプロモや出発日からかなり前に購入しておくとかなり安いです。ただし、出発日の直前になりますとフィリピン航空とさほど料金は変わらないか、さらに高い時もございます。
そのため留学日が決定しましたら航空券は早めに購入されることをおすすめいたします。
セブパシフィックはLCCのため、日本でいうピーチやバニラエアーのように機内での食事は有料ですし、荷物制限があったり、映画などのサービスはありません。フィリピン航空では、食事や機内サービスがあります。
また、フィリピン入国時は、帰国便のチケットまたは第3国にぬける便のチケットを必ず購入しておく必要がございます。留学生の皆さまは片道チケットのみでのフィリピンへの入国はできません。

 

いよいよ夏休みシーズンを前に徐々に学校によっては夏休み期間の満室の学校がでてきております。
今年の夏に留学をお考えのお客様はお早目にご連絡ください。

バコロド留学代理店
 

バコロド近郊の観光スポット『Ruins』


こんにちは、『バコロド留学代理店』です。

本日はバコロド近郊にあります観光スポットRuins』(ルインズ)を紹介いたします。

9120_1186372793737_1660822267_472358_1428411_n
Ruins、とは英語で「旧跡,廃墟」といった意味になりますが、このRuinsはバコロド市の隣にあるタリサイ市では観光廃墟スポットとして有名です。またこのRuinsですが単なる廃墟としてだけではなく、歴史の中で日本との関わりがあったことでも知られています。

9120_1186372833738_1660822267_472359_6483001_n

いまでこそRuinsと呼ばれる廃墟は、1900年頃かつてこの地に住んでいた大富豪の住居であり、当時のこの辺りの居住用建物としては最も大きかったと言われています。また家主が船乗りであったことから中国やヨーロッパの国々から持ち運ばれた家具により、その豪華な内装としても知られていました。
しかし、その建物は第2次世界大戦が始まると、フィリピンに上陸した日本軍による陣営拠点として利用されることを懸念した現地のゲリラにより火がつけられてしまいました。
これにより、Ruinsは屋根と2階部分を焼失し、現在の姿となりました。

SANYO DIGITAL CAMERA

今日では、廃墟となったその姿に残された当時の優雅さを見物しようと多くの観光客が足を運んでおります。
特に日没から夜のライトアップが行われる時間帯には、より幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

9120_1186373873764_1660822267_472385_400955_n

9120_1186374273774_1660822267_472395_5724263_n

バコロド市からRuinsへはジプニーとトライシクルを乗り継いで約20分から30分でいける距離となっています。
バコロド留学に訪れた際には、ぜひ一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

南国フィリピンのデザート


こんにちは、『バコロド留学代理店』です。


本日はフィリピンらしい南国のデザートを手軽に楽しめるお店をご紹介します。

お店は『DANA』と呼ばれるスイーツカフェで、場所は弊社代理店でも紹介している、JELS校の位置するLopue's East(ロペス イースト)と呼ばれるエリアにあります。
このお店では注文できるオーダーは決して多くはなく、お店もシンプルな作りなので正直 'カフェ' という言葉はしっくりこないと思うのですが、他に良い言葉が思い浮かびませんので、あえて'スイーツカフェ'と呼ばさせていただきます。(笑)

 

IMG_0598

さて、こちらがDANAで注文できるドリンクならびにデザートのメニューとなります。
写真と値段がドーン、と表示されたチープな作りのメニューとなっておりますが、
やたらと『BUKO』という単語が使われていることに皆さんお気づきでしょうか?

BUKO(ブコ)とは、タガログ語(フィリピンの標準語)で「ココナッツ」の意味なんですが、
ここDANAはココナッツを使用したドリンク、デザート専門のスイーツカフェとなっています。

さっそく、『BUKO Fresh』(ココナッツ ジュース)をオーダーしてみました。
IMG_0595

ココナッツ内に溜まった天然のジュースをストローでいただく、まさに南国テイストのドリンクですね。
控えめな甘さとなっており、のどの渇きをしっかり潤してくれます。
ちなみにココナッツ内部には実がひっついていますので、これをスプーンでとって食べることもできるんです。
一杯P25(約70円)ということで気軽に注文できる値段となっています。


デザートには『BUKO Halo-Halo』(ブコ ハロハロ)をオーダーしてみました。
IMG_0596
Halo-Haloとはタガログ語で混ざるという意味らしく、ミルクかき氷をベースに、トッピングされたアイスクリーム、ゼリー、ナタデココ、ココナツ、プリン、果物などを混ぜてたべるデザートです。
こちらDANAではココナッツの実とココナッツミルクがふんだんに使われた、品の良い甘さのHalo-Haloを楽しむことができます。
ココナッツの器が南国の雰囲気をかもしだしていますね。(笑)
値段はP59(約165円)ですが十分満足いただける美味しさです!

IMG_0599

 

Lopue's Eastには、以前紹介しましたバコロドならではのチキンイナサール(チキンBBQ)を楽しめる、『チキンハウス』やその他多くのレストラン、ファストフード店などで賑わっております。バコロド留学中にはぜひ訪れて現地ならではの食べ物を楽しんでみてください☆
また機会があればそれぞれのお店を紹介していきたいと思います。


メニュー